読み聞かせ

今日の朝活動は、長田先生による読み聞かせでした。最初に読んだのは「一本のえんぴつの向こうに」という、平成13年まで小学校4年生の国語の教科書に掲載されていたお話しです。1つの製品が私たちの手元に届くまでの間に、誰がどのような関わりをし、どのような思いをもって仕事をしているか、鉛筆を例にして書かれた説明文です。次に読んだのは、高校の現代文の教科書に掲載されている村上龍氏の「パラグアイのオムライス」という小説です。内容が少し難しかったかも知れませんが、「イグアスの滝」「シウダ・デル・エステ」や「ドラード」など、子ども達も知っている言葉がいくつも出てきました。小学生の子ども達も本格的な小説に親しむ良い機会になったと思います。

IMG_1966 IMG_1968 IMG_1969 IMG_1971 IMG_1973 IMG_1975 IMG_1978

広告